オパニの物語

オパニの村が戦争と暴力に脅かされた時、彼女は娘とともに南スーダンからウガンダへ逃れました。これは、そんなオパニのストーリーです。

南スーダンからウガンダへ

days7
miles60
km96

南スーダンを逃れて

戦闘がオパニの村を襲った時、オパニは娘のブレンダを連れて、スーツケース1つを手に祖父が住む近くの村へ逃れました。

day0
miles0.5
km0.8

徒歩での旅

再び戦火が親子を襲うと、オパニは娘を抱え、徒歩で南スーダンを逃れざるを得なくなりました。常に攻撃される恐怖にさらされながら、親子は外で眠りました。

day1
miles5.5
km8.8

歩き続けた数日間

オパニは娘とともに、安全を求め何日も歩き続けました。口にしたものは野生のキイチゴだけです。

「私たちは木の下で寝ました。片目を開いたままで」とオパニは回想します。

day6
miles55
km88

国境へ到着

UNHCRの登録センターに到着し、親子は診察を受けました。温かい食事、そして緊急のシェルターも提供されました。

day7
miles58
km93

インベピ居住地

ウガンダ政府とUNHCRの援助により、オパニはインベピ居住地に1区画分の土地を得ました。そこで、オパニは生活再建をスタートさせます。

day7
miles60
km96
距離を世界の総計に追加してください
247579
デバイスの画面を縦長に表示させてご利用ください